トップページ - 初めての方へ - 公益財団法人北海道中小企業総合支援センターの紹介

 
 中小企業のシンクタンク(公財)北海道中小企業総合支援センターは、北海道における創業や経営革新を支援するため、豊富な知識と経験を備えた専門スタッフのサポートする組織として誕生しました。 様々な企業のあらゆる相談に応えるため、ワンストップ的な支援業務を果たします。
 
組織の誕生
平成13年4月1日、中小企業等に対する総合的な支援業務を行うため、(財)北海道中小企業振興公社、(社)北海道商工指導センター、(社)北海道中小企業振興基金協会の3機関を統合し、当センターが設置されました。

 

支援業務
統合3機関が行っていた、技術開発助成、資金供給、経営コンサルティング、市場開拓、人材育成などの業務に加え、新たに総合相談窓口を設け、中小企業の経営革新をはじめ、創業やベンチャー企業の育成さらには新事業創出などの業務を行います。

 

総合相談窓口
道内、各支援機関との緊密な連携による総合的な支援体制として地域プラットフォームを構築し、北海道全域での創業支援や中小企業等へのきめ細かな相談・助言を行います。

 

当センターの概要


Copyright (C) 2001-2004 HOKKAIDO SMALL BUSINESS SUPPORT CENTER All Rights Reserved.