トップページ -「北のふるさと事業承継支援ファンド」の設立について

「北のふるさと事業承継支援ファンド」の設立について


 北海道、北洋銀行、北海道銀行、札幌信用金庫、旭川信用金庫、北見信用金庫、北央信用組合及び北海道中小企業総合支援センターは連携して、 平成29年3月31日に、「北のふるさと事業承継支援ファンド」を設立し、その管理運営を当センターが担うこととなりましたのでお知らせします。


                                                                                                             
1.ファンド設立の目的
  「北のふるさと事業承継支援ファンド」は、地域の経済・雇用を支える小規模企業の事業活動の継続を図るため、官民連携による道内小規模企業への 資金供給により、円滑な事業承継を支援することを目的としています。
 
2.ファンド概要
                                                                                                                                                                                                 
名称北のふるさと事業承継支援ファンド投資事業有限責任組合
ファンド総額5億円
運営者 (公財)北海道中小企業総合支援センター
出資者北海道、北洋銀行、北海道銀行、札幌信用金庫、旭川信用金庫、北見信用金庫、北央信用組合、(公財)北海道中小企業総合支援センター
投資対象 親族外経営者への事業承継(第二創業を含む)を行う小規模企業(法人に限定)
投資内容 事業承継を行う事業者等からの株式の取得
存続期間 平成29年3月31日〜平成43年3月31日

         
 
3.イメージ図
  別紙のとおり
 
4.パンフレット
  別紙のとおり
 
問い合わせ先
  (公財)北海道中小企業総合支援センター
企業振興部 小規模企業支援G 担当:仁科、鈴木、金本
TEL:011-232-2001
 

Copyright (C) HOKKAIDO SMALL BUSINESS SUPPORT CENTER All Rights Reserved.