トップページ - センターの概要 - 当センターの位置づけ

当センターの位置づけ

 (公財)北海道中小企業総合支援センターは、ほっかいどう地域プラットフォームの「中核的支援機関」であると同時に「都道府県等中小企業支援センター」(北海道の支援センター)として位置づけられており、地域プラットフォームの各支援機関及び国や地域の各支援センターと連携を図りながら、新規事業化や経営の向上を目指す創業者・中小企業者等を支援します。

 

北海道における中小企業の支援体制

地域プラットフォーム
 地域に蓄積された技術や人材などの産業資源を活用し、新事業の創出を図ることを目的として、平成11年2月に「新事業創出促進法」が施行されました。この法律に基づき、北海道では平成12年7月に「北海道新事業創出基本構想」を策定し、新事業創出支援体制(地域プラットフォーム)の整備を図っています。
 「ほっかいどう地域プラットフォーム」は、(公財)北海道中小企業総合支援センターを中核的支援機関として、「技術開発支援・技術移転」「資金供給」「インキュベート」「経営改善支援」「販路開拓」「情報提供・コーディネート」「人材育成」「地域相談窓口」の機能を持つ道内34の [ 新事業支援機関 ] で構成された新事業創出を支援する総合支援体制です。
 「ほっかいどう地域プラットフォーム」では、各支援機関が緊密に連携し、研究開発からその事業化まで事業の発展段階に応じて総合的に支援を行い、新事業創出の促進を図ります。

支援センター等ネットワーク
 道内には、国・北海道の支援センター並びに商工会議所・商工会などに相談窓口が設置されており、創業者・中小企業者等が抱える様々な経営課題の解決を支援しています。
 各支援センター等の相談窓口では、コーディネーターや経営指導員などが経営・技術・資金・法律などに関する相談や創業・新規事業についての相談を受けています。各支援センター等は、相互連携を図るとともに、「ほっかいどう地域プラットフォーム」とも連携を図り、ワンストップサービスで支援を行います。
 【 支援センターネットワーク 】

 


Copyright (C) 2001-2004 HOKKAIDO SMALL BUSINESS SUPPORT CENTER All Rights Reserved.