リンク先
 木童
 株式会社アサヒ
 林産試験場(旭川)
3層パネルとは
北海道のカラマツ・トドマツの間伐材を原料とし、3積層の表裏と中芯の繊維方向が直行する様に接着されたパネル。
寸法安定性・加工性が良く、構造用合板同等の曲げ強度があります。
建築用構造材から家具などの造作材まで用途範囲が広い。
3層パネルの特徴
■強さと美しさ(構造体と表面材)が3層パネルの特徴です。
建築・建具・家具材の多くは大径木を使用しますが、3層パネルはそれを育てる為に間引される間伐材を原料として北海道の森林資源を高付加価値に利用しています。

■「木」のはたらき(木は多孔性であることから5感にやさしい)
木を反射した音は耳障りな刺激音を和らげ耳に優しくなります。
木を反射した光は目に優しくなります。
肌触りが心地よい(木は人間に最も近い材料で肌に合う素材です。)
木の香りは人の気持ちをおだやかにする作用があります。

多くの新建材は均一で間違いの無いイメージがありますが、逆に自然環境の変化や人の感覚に対応できない部分も持っています。
「木」などの自然素材は長い年月の間に味わいを増す優れた素材です。

■「木」の建材としての性能
断熱性・調湿性・防音性にすぐれ、呼吸をしながらシックハウス・アレルギーを緩和するといわれています。
3層パネルはこれら「木」本来の力を生かし、さらに構造体と表面材を兼ね備えていますので、施工時の作業が構造部分と表面仕上げ部分を同時に進めることができ手間を省き、工期短縮を計れます。