センターからのお知らせTOPICS

  • ホーム
  • センターからのお知らせ

2018.09.28 セミナー・イベント

平成30年度「北海道ベンチャーシーズプレゼン会」来場者募集のご案内

(ビジネスEXPO2018同時開催イベント)

当センターでは、道内の中小企業などが保有する新製品・新技術等を紹介し、事業提携、販路拡大などのビジネスパートナー発掘を支援する「北海道ベンチャーシーズプレゼン会」を開催します。

創業や新分野進出等の新たなチャレンジに挑んでいる、下記5社のプレゼンを予定していますので、ご関心のある方々の来場をお待ちしております。

 なお、今回の発表企業5社は、「ビジネスEXPO2018」において、当センターブースに共同出展しておりますので、ぜひこちらにも合わせてお立ち寄り願います!

 

■日  時:平成30年11月9日(金)10:00~11:15

■会  場:アクセスサッポロ 2F研修室B(札幌市白石区流通センター4丁目3番55号)

■主  催:(公財)北海道中小企業総合支援センター

■後  援:北海道経済産業局、北海道、(地独)北海道立総合研究機構

■参 加 料:無 料

■申込方法:メール・FAX等にて承ります(来場申込書)(※同内容を記載したメールでも承ります。)

11月2日(金)までにお申込みください。定員50名

■当日のスケジュール(予定)

時 刻

内    容

9:30

受付開始

10:00

プレゼン会開始

10:00~11:15

プレゼン発表

11:15

プレゼン会終了

 

■発表企業のご紹介

発表企業概要

プレゼン内容等

(株)太田精器(奈井江町)

http://www.ohtaseiki.co.jp/

■企業概要:1980年設立、資本金(1,000万円)、  従業員数(52名)

 

■事業内容:非鉄金属精密加工・金属部品研磨加工他

 

■プレゼン目的:事業提携、販路拡大、技術提携

 

■来場希望先

・鳥獣被害対策に取組む、自治体、農協、農業事業者、企業等

日本初の狼型!害獣撃退装置 モンスターウルフ

1980年に設立し、機械部品の基本的加工である、手仕上げ(超鏡面技術)においてナノレベルまで精度を出せる研磨技術を得意とし、この技術は「ものづくり300社」にも認定されるなど、ハンドメイドかつ超高精度な匠の世界にも通じた、業界として希少技術を所有する。

今回の「モンスターウルフ」は、鹿や熊などの被害に苦悩する北海道ならではのアイデア商品として7年前から、大学の先生のアドバイスの元に開発し、全国各地で検証・販売を行う。

特にオオカミ型の外観やネーミング、威嚇音のユーモアさなどにより、道内外の多くのメディアにも取り上げられ注目を浴びている。今後更なる開発を行い、究極の撃退装置を目指す。

太宝電子(株)(札幌市中央区)

http://daikoku-web.com/content/densi/

■企業概要:1957年設立、資本金(6,000万円)、  従業員数(28名)

 

■事業内容:電子機器の設計・試作及び量産他

 

■プレゼン目的:事業提携、技術提携、販路拡大

 

■来場希望先

・製薬会社、薬学系の大学、研究機関

・その他(農業事業者、ビル管理会社等)

脳内微小組織の活動計測及び脳内ネットワーク解析システムの開発

一台のPCで複数のゲージ内の発光遺伝子導入マウスを光ファイバーで脳内組織の神経活動を長時間計測し、脳内ネットワークを解析するシステムで、例えば薬物依存形成の脳内ネットワークの解析や神経疾患、睡眠疾患などの医療薬の開発や解析に役立てることが可能。

また、本システムのキーテクノロジーは、1台のPCで多くの計測や制御を遠隔操作が可能であることから、測定やデータ採取等に要する人件費や時間を大幅に削減することが可能。

医療分野以外の応用例としては、遠隔にある施設の温度や湿度等の制御や施錠管理システム等、多くの展開が可能と考えられる。

(株)キタテラス(大樹町)

http://localmarket-hokkaido.com/?tid=2&mode=f2

 

■企業概要:2017年設立、資本金(5万円)、       

 従業員数(1名)

 

■事業内容:EC事業、商品開発事業

 

■プレゼン目的:事業提携、販路拡大

 

■来場希望先

・家具バイヤー等

『肌触り柔らかな鹿革の家具』

元システムエンジニア&ライターの経験を活かし、Uターン先の大樹町で2017年にECショップ「北海道ローカルマーケット」を起ち上げ、食品や雑貨などのこだわりの北海道ブランド商品を出店。

今回、オリジナル家具として、池田町の鹿革を表面に使用し、柔らかな肌触りの「チェスト」を開発。

今後、椅子や小物などのラインナップを増やし、ブランド化を目指す。

Fus room(フーズ ルーム)(札幌市南区)

http://www.fusroom.com/

 

■企業概要:2013年設立(個人事業)

 

■事業内容:手仕事の素材,雑貨販売及び皮革事業

 

■プレゼン目的:事業提携、販路拡大

 

■来場希望先

・レザー商品メーカー、レザー素材取扱メーカー等

・その他(羊革素材とのコラボレーション等)

『サフォークレザーで北海道の新たな特産品を目指す!』

長年、革素材の輸入販売に携わってきた経験を活かし、2013年にオリジナルレザーの開発・販売及びハンドメイド用品販売を営む「 Fu’s room」を創業。店内ではレザークラフト教室も開設し、趣味からプロまで幅広いハンドメイド愛好家の交流の場にもなっている。

今回、今まで廃棄物として処理されていた士別市のサフォーク羊の原皮を有効活用するため、柔らかさを活かした羊革素材「サフォークレザー」を開発。

リサイクル品の枠を超えた本物志向の特産品を目指すとともに、多くの方々に「サフォークレザー」をご活用いただきたい。

 

合同会社北ロリ(札幌市中央区)

http://kitaloli.com/

 

■企業概要:2013年設立、資本金(30万円)、       従業員数(2名)

 

■事業内容:ロリータファッション関連商品販売・イベント企画他

 

■プレゼン目的:事業提携、販路拡大

・ロリータのイメージとのコラボレーション企画や北道道フェア等の集客イベント、インバウンド等、観光誘致の仕掛けとして

 

■来場希望先

・ロリータのイメージにマッチする商品等のメーカー

(カントリー家具、ハウジングメーカー、スイーツ等)

・観光等イベント企画運営等の自治体や支援機関等

『北海道発のロリータファッションアパレル北ロリ』

代表の三橋氏のアパレル業界でのマーケテイングやディスプレイ等の経験と太田氏のメイクアップ技術を活かし、「ファッションで北海道を元気に!」をモットーに、ロリータファッションによる北海道観光ツアーの企画運営を行う。

「さっぽろ雪まつり」や「豊平館正装夜会」、「サハリン日本文化デー」等でロリータ体験イベントを実施。アニメ等と同様に新しい日本文化の象徴として、ロリータファッションによる更なるPR活用を目指す。

また今回の「北ロリ」事業の他、札幌地下鉄宮の沢駅の地下空間で高齢者向けのファッションショップ「北のsugamo」を手掛けるなど、ファッションをキーワードに多彩な事業を展開。

お申込み・お問い合わせ先 

                 ■ 〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目経済センタービル9階

                   公益財団法人北海道中小企業総合支援センター

                     企業振興部 取引支援グループ 担当:佐々木

                    TEL : 011-232-2406 FAX:011-232-2011 E-mail : torihiki@hsc.or.jp